大阪ステーションシティ

大阪ステーションシティへ行ってみた。
LUCUA
これまで大阪になかった、あるいは、あっても梅田圏の端の方にしかなかった、本来中心にあるべき店が、一気に集まっている。
今まで無かったのが不思議な店ばかりだ。
出来ることなら、いずれ増床して欲しいと願う内容。
トレンドの店が駅ビルにあるというだけで嬉しい反面、本来大型展開のショップが、いずれもかなり小さな面積での展開となっており、店側の品揃えも難しいだろうなぁと思う。MDがものをいいそうだ。
全体として、フロアの形の厳しさを補ってあまりある店揃え。
これまでのしがらみを感じさせない、見事な店揃えで、お見事!!!
伊勢丹。
伊勢丹はこれまでの”伊勢丹というブランド”や”百貨店”という形態を捨てた方が良かったのかも知れないと、思った。
フロアプランも中途半端だし、フロアプランと店・品揃えが合っていないように感じる。
高級感の出し方が中途半端。
思い切り高級(高齢!?)に振れるか、いっそ、新業態として”伊勢丹 ファッションビル”にした方が良かったのではないかと思う。
ただ、風の庭園や農園のアイデアは好きだ。
ビルの高いところで風に当たれるというのは実に気持ちいいし、ビルの上にハイキングコースを造るというアイデアは、ナイス!
また、そこにコンビニを持ってきたのも面白い。
ビアガーデンを捨てた、その感覚が、他のフロアーにも行かされれば良かったのになぁと、惜しまれる。
食料品売り場が地下2階というのは厳しいし、レイアウトも???だらけ。
しかも行きにくい。
食料を売るところではないね。
私なら、改札フロアーを食料品・おべんとうとコンビニ、軽い本屋。
その下に化粧品・雑貨にしたいと思ったなぁ。
改札フロアがあれではもったいなすぎ。
従来の百貨店マップは捨てた方が良かったと思う。
じっくり買うものと、通り過ぎて買うものの区分けがおかしい。
あそこに百貨店を作るのではなく、新業態としての駅業態を展開して欲しかった。
また、京都伊勢丹は、レイアウト的にエスカレーター周りがうまく使えるが、大阪はエスカレーター周りが完全に死んでいる。
もともと百貨店のエスカレーター周りは重要な売り場で、あれは完全にデザインの失敗ではないか?
大丸は、今日は行かなかったが、西日本では大丸の外商は良いお客をつかんでいることと、現状の伊勢丹なら心配はなさそうだ。
楽しみなのは、これを受けて、新生阪急百貨店は、どんな打ち出しをしてくるかというところ。
しがらみの多い中で、真剣にやらないとまずいと思う。
それにしても、暗くて、決してきれいとは言えなかったJR大阪駅を、見事に街にしたと思う。
これまで、無かったのが不思議なくらい。
今後、周辺のヨドバシ・阪神・阪急などと、地下と雨に濡れない空中通路の両方で、webのように繋がってゆくと面白いのになぁ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Australian Note

『人生の学校』

こころと身体のバランスをととのえ、あなたの本領発揮と自己成長をお手伝いします。

キネシオロジーを軸に、NLPコーチングその他の技法により、フィジカル、メンタル、エネルギーと、ホリスティックにあなたをサポートします。
お気軽にご相談下さい。

シドニー北部、Lane CoveにあるLOTUS HOUSEを拠点に、春と秋には東京・小田原・大阪にて活動。
シドニーへの短期セラピー留学もwelcome!
(学生ビザの発行はありません。)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。